12
3
10
17
24
31
   

[PR]



年下のイケメンと繋がりました




パート仲間のK子さんと私がミニマリストという共通点で

繋がっているように、K子さんとその浮気相手の

年下のイケメンM君もまたミニマリストという共通点で

繋がったみたいでした。

つまり、私とM君もまたミニマリストという共通点で

繋がったのです。

最初は年下のイケメンに慣れていなくて

恥ずかしくてたまらなかった私も、彼がミニマリストで

あるということが分かると、だんだん打ち解けて

話をすることができるようになったのでした。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



スポンサーサイト

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

イケメンのM君もミニマリストでした




パート仲間であり、ミニマリストとしても憧れている

K子さんの浮気相手の年下のイケメンは

M君と言いました。

M君はまだ23歳で大学を卒業してから

彼の夢を追いかけながらアルバイトをして生活している

ということでした。

彼が楽しそうに自分のことを話ているのを聞いていると

いつしか私もM君の虜になってしまっていたのです。

そして彼もまた必要最低限のモノだけで暮らす

ミニマリストだったのでした。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

K子さんの浮気相手は想像以上のイケメン




それから数日後、私はK子さんと彼女の浮気相手の

年下彼氏とのデートに付き合うことになりました。

K子さんが予約してくれていたお店で

テーブルを挟んで向かい合うように座った彼は

今まで遠くから見ている時には特になんとも思わなかったのですが

近くで見るとかなりのイケメンだったのです。

久しぶりに私自身、ドキドキしてしまい、

彼と視線が合うと恥かしくて目を逸らしてしまうのでした。

K子さんが羨ましい!

単にミニマリストとしてではなく、一人の女として

私はK子さんに憧れたのです。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

K子さんの浮気現場に付き合うことになりました




ある日のパート終わり、K子さんは私を

彼女の浮気相手とのデートに誘ってきたのでした。

「三人で食事でもしない?」

K子さんはいつもの爽やかな笑顔で声を賭けてきたのですが

それは冷静に考えれば少しおかしな話でした。

彼女の浮気相手とどうして私が一緒に食事を

しなければいけないのか。

彼女の浮気現場にどうして私が付き合わなければいけないのか。

彼女が私の口封じをしておきたい気持ちは分かりましたが

そこまでするかと、K子さんの行動は

意味が分からなかったのです。

それでも私は結局、彼女の誘いに乗ることにしたのでした。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

K子さんも結局はただの女だった




私がK子さんが浮気している秘密を知ってから

K子さんは以前にも増して親しげに私に

近づいてくるようになりました。

きっと私の口封じをしたいに違いありませんでした。

ミニマリストのK子さんも結局はただの女だったみたいで

私にも「もっと遊びなさいよ」とまるで

浮気を勧めるかのようなことを言ってきたのです。

まさかK子さんがこんな人だったなんて、

私はショックでもあったのですが、人として

完璧でないK子さんに惹かれてしまう自分がいたのでした。

そしていつしかK子さんの世界に引き込まれていったのです。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

K子さんはなぜ満たされなかったのだろう




ミニマリストとして憧れだったK子さん。

しかし彼女には年下の彼氏がいて浮気していたのでした。

彼女にとっては心に潤いを与えてくれる

大切な存在なようですが、私にはいまいち理解できませんでした。

モノを持たない暮らしは心に余裕を与えてくれて

それが心の潤いにもなるはずなのに

なぜK子さんはそんな生活を志向しながら

満たされなかったのだろう。

彼女はモノを捨てることによって心の中が虚しく

なってしまったのかも知れないようでした。

それなら彼女は本当にミニマリストと呼べるのだろうか、

そんな疑問さえ湧いてきたのです。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

恋が心に潤いを与えているから




私の前で浮気を認めたK子さんは

彼女なりの人生観や価値観を語りました。

必要最低限のモノだけで快適に暮らすことを

志向しながらも、心の中に潤いやゆとりを生むためには

恋も大切だという事。

そうでなければ空っぽの部屋の中で

心まで虚しくなってしまうかもしれない事。

彼女はそれらを懇懇と語ったのです。

確かに洋服もほとんど持たず、食事も質素で

家の中にモノがほとんどない暮らしなのに

彼女は生き生きとしていました。

それは彼女いわく、恋が心に潤いを与えているから

だったのです。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

私の前で浮気を認めたK子さん




カフェで向かいあって座った私たちは

しばらく気まずい空気の中でどちらからともなく

話を切り出せずにいました。

そしてコーヒーが運ばれてきてようやく

K子さんが重い口を開いたのです。

「昨日は、ビックリしちゃった。あんな場所で会うなんて。

恥ずかしいところ見られてしまったわね」

やはりK子さんは私に浮気現場を見られたことを

口止めしにきたようでした。

「私ね、彼と付き合っているの」

K子さんは浮気していることを私の前で堂々と

認めたのです。

良くも悪くも彼女はサッパリした性格のようで

それから彼女なりの人生観について

私に語り始めたのでした。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

私に浮気の口止めをしようとするK子さん




パートを終えて帰ろうとしていると

いきなり背後からK子さんに呼び止められたのでした。

そしてお茶に誘われた私は、そのままK子さんと一緒に

近所のカフェへと向かったのです。

K子さんがなぜ私を呼びとめたのか。

K子さんがなにを私に話そうとしているのか。

それはすぐに分かりました。

彼女が若い男性と浮気していることを知ってしまった私に

口止めしたいに違いないのです。

そして私たちはカフェに入ると、向かいあって

座ったのでした。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

K子さんの秘密を握ってしまってから




K子さんが若い年下のイケメンとデートしている

現場に偶然遭遇してしまった次の日、

私はK子さんとパート先で会ったのです。

お互いに気まずい感じで、軽く挨拶をすると

それぞれの仕事に取り掛かり、仕事中も

互いを意識しながらも、あえて視線を合わせることは

ありませんでした。

これからK子さんとどう接していけばいいのか、

まるで分からず、淡々と時間だけが過ぎて

パートを終えて帰ろうとした時でした。

K子さんから呼び止められたのです。


婚活ブログランキング >>

人気ブログランキング >>



theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

プロフィール

さとみ

結婚して夫が仕事を辞めて、生活に困窮してから私はミニマリストになりました。
それからいつしか、生きていく上で本当に必要なものは何だろうと追及し続ける
ようになっていました。

そして、本当に必要なものに気づき始めた時、それまで生きてきた人生の中で出会ったもの、手にしたものを全て捨ててもう一度ゼロからやり直したいと、思ったのです。

アラサ―で愛もお金も清算して人生をやり直したこれまでの回想録を綴っています。


ポチっとして頂けると嬉しいです

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村